20200322_01_01
9622レ C58-239+キハ141系4B(SL銀河岩手県復興の火)

20200322_01_02
9622レ C58-239+キハ141系4B(SL銀河岩手県復興の火)

20200322_01_03
9622レ C58-239+キハ141系4B(SL銀河岩手県復興の火)

20200322_01_04
9622レ C58-239+キハ141系4B(SL銀河岩手県復興の火)

3月22日、団体臨時列車「SL銀河 岩手県復興の火」が
釜石~花巻間(回送で盛岡まで)で運転された。
盛岡車両センターのC58-239が同区のキハ141系4両を牽引するもので
東京五輪の聖火展示輸送のため運転された。
岩手県が制作した「2020.3.22復興の火岩手県」の特製ヘッドマークが掲出された。
またこの列車運転に伴いDE10-1762が救援用に同区間で回送されている。